1484聖誕祭を行いました。

内科臨床懇話会を無事乗り切った、1484先生の慰労会+聖誕祭(今年3回目)を行いました。

おいしい魚料理を食べつつ、1484先生が懇話会の発表前にまるで「生まれたての子ヤギ」のような感じになっていたとの話を魚のつまみにしてワイワイ行いました。

本当にお疲れ様でした。最後に恒例のハッピーバースデーの歌をみんなで合唱して終わりましたとさ。

1484先生無理をお願いして申し訳ございませんでした。今度もよろしくお願いいたします。

2016.12.19 kobuta

 

12月ジャーナルクラブを行いました!

12月のジャーナルクラブがやってきました。今回は県立病院と大学病院から2つの内容について発表してくれました!

1粒で2度おいしい!

シャブシャブ(こうやって書くと変だな?)しゃぶしゃぶをみんなで食べながら楽しく学ぶことができました。

今回は2本立てということもさることながら、なんとクリスマス会を兼ねていましたので、豪華景品まで準備をしてくれた念の入れようでした。感謝・感激です。

★大学チームの内容は「CDI」でした。言わずと知れたクロストリディウム関連性腸炎の話でした。最近出た論文を中心に、まさかの検査法・まさかの治療法にも触れつつ「名探偵コ○ン」形式で発表してくれました。

今回はジャーナルクラブ名物の「カナン」こと、県立病院金井先生も参加してくれました。

本当にわかりやすく、楽しく覚えることができました!

お店はいっぱいで、参加者も多くテーブルがぎゅうぎゅうでした、牛だけに・・・

チャンチャン

                   2016.12.15 Kobuta

★県立病院チームは「中毒診療~ショートショートストーリー~」でした。得点形式+ホワイトボード記入形式のチーム対抗戦でした。

とても一つ一つが綿密に調べられており、非常にためになりました。

みなさんありがとうございました、お疲れ様でした!

次回は大学病院チームが担当です、楽しみ!!

救急部・総合診療部 忘年会を行いました!

今年も、救急部・総合診療部の忘年会を行いました!

福井県で一番おいしいと個人的に思う、フレンチレストランにて行いました。総勢50人を超える大所帯になりました。

幹事の2人が考えてくれた企画が面白く、軽快な進行とともにみんなでワイワイしながらおいしい食事を頂きました。

今年も残りわずかですが頑張っていきましょう!

来年もまたみんなでおいしい食事ができますように!

面白い話、来年もお願いします。

                      2016.12.3 kobuta

今年もやりました、レジデントキャンプ!

今年もこの季節がやってきました。

福井レジデントキャンプ!

福井県内で頑張っている研修医が一堂に会してみんなでワイワイやる会です(少し雑かな?)

1日目午前中は、寺澤先生と一緒にケースカンファレンス(時間通りに終わりました!奇跡!)、徳田先生のランチョンセミナー、午後はみんなでエコー実習を行いました。

徳田先生の本当に含蓄のある、深い内科の話が聞けて本当に良かったです。

エコー実習は県内凄腕のエコー技師さんにきていただき手取り足取り教えていただきました。

ずっとエコーをやっていると飽きると思ったので今年は「メディカルロールプレイングゲーム(mRPG)」を合間に挟んで楽しく終わることができました。

レジデントキャンプ2日目!

2日目午前中は各ブースに分かれて、サーキットトレーニングを行いました。

縫合のコツ、感染症のコツ、ECGのコツ、気道緊急のコツ、レントゲン読影のコツなど3年目になっても必要な知識満載で行いました。

午後は心臓のエコー+エコーガイド下CV挿入をとことん行いました。

みんな一生懸命にがんばってくれたのがすごく印象的でした!

来年からは独り立ちです、困らないように頑張ろう!

                           2016.11.27 kobuta

第44回日本救急医学会総会 ハンズオンセミナー

第44回日本救急医学会総会・学術集会が東京で開催されました。

富士フィルムメディカルの共催「エコーセミナー」が企画されました。

林寛之先生がコーディネーターでしたので多くの先生が申し込んでくださいました。

さすが林先生!

申し込み開始直後から、すぐに埋まってしまうほどの殺到ぶりだったそうです。

午前中は「心エコー」・「肺エコー」、午後は「マイナーエマージェンシー」に関してのセミナーでした。

とことん、エコーを行って、みなさん最後はヘトヘトでしたが。得るものも多かったのではないかと思います。

改めて「救急外来におけるエコーの重要性」、「ニーズの高さ」を目の当たりにした感じがしました。

                   2016年11月18日 Kobuta

こしょべん(縫合実習)を行いました

11月最初のこしょべんは

「縫合実習」を行いました。

本来ならば、初期研修医1年向けにもっと早くに行うべきものでしたが、今年は業者さんとの時間の調整が合わず申し訳ございませんでした(涙)

エチコンさんに全面協力をしていただき、みんなでチクチク縫うことと、昨年シミュレーションセンターで購入した「評価型縫合シミュレーター」も用いてみんなでワイワイやりました。

 

といいたいところですが、みんな縫合実習を始めると、まるで「カニ」を食べるかの如く、ただ黙々とチクチクと縫っていました。

 

さすが、集中するときは集中しますね~、だてに医学部卒業してませんね~

 

しかし(たぶん自分だけですが)サッカーの試合が気になりながらの実習でした!

日本が勝ってよかったです!

 

次回は感染症の話を、感染症のプロに話してもらう予定です。

楽しみ!みんな感染症苦手だもんね~

 

2016年11月15日 (Kobuta)

北陸初! Hospital MIMMS開催!

福井大学でHospital MIMMSが開催されました!

これは大事故災害での多数傷病者が病院に搬送された時の病院での対処法を学ぶ2日間のコースです。

人気の講習会を、この福井で受けれるなんてオトク!

この日のために尽力下さった救急部のK先生、インストラクターの皆様、本当にありがとうございます。

多数傷病者搬送は、病院にとっても一種の“災害”といえます。

医者や看護師、検査技師、薬剤師などだけでなく、事務員、搬送業務員から給食サービス業の方、その他病院に出入りしている業者の人々まで、一丸となって臨まないと到底対応できません。

今回は我々救急部医師や看護師に混じって、なんと当院病院長や看護師長、事務の方々まで多数参加!

机上学習では、医師も看護師も事務員も他病院の方も、顔をつき合わせて対策を考えます。

このコースは、多数傷病者の受け入れだけでなく、手術やICUや病棟への入院を経て、病院の機能が元の状態まで戻っていくところまで経時的に学べるのが特徴です。

福井MIMMSコースは、別名

OSASHI-MIMMS(お刺身ムス)!

たっぷり学んだ後は、インストラクターも受講生も入り混じって、福井のおいしい居酒屋さんで魚介類に舌鼓を打ちます♪

他県の病院から参加された方からも災害対策に関する有意義なお話が聞けて、大変参考になりました。

       (2016.11.13 yy)

医学科4年生救急講義…というか実習!

本日も4年生の授業です。今回のテーマは外傷!

時間との勝負のこの難問に学生たちが立ち向かいます。

といっても授業は最初の数十分のみ。

 すぐに先輩医師たちによる外傷診療のデモが始まります。

 

学生さんは立ち見が出るほどの真剣っぷり!

あとはひたすら模擬患者や練習用の人形を対象とした実習です!

ゼッケンをつけてチームごとに分かれて各ブースを回り、自分の身体に外傷診療の基本を叩き込みます。

 

あまりにも回転が速すぎて写真を撮り損ねました…残念!

実習中はお菓子や飲み物まで出て脳の栄養補給もできる、至れり尽くせりっぷり。

実際に人形に挿管をしてみたり、みんな初めての手技の難しさに苦戦しながらも楽しそうでした。

教科書に書かれる気道の確保とは、実際にはどのようなものなのか? ショックの治療は? 意識の評価は?

学生のうちから具体的に知る良い機会となったようです。

福井大学救急部では、卒後・即戦力となる研修医の育成を目指しています。

これだけの(よその病院だったら有料の講習会コースになるような)実習ができるのも、ご協力いただいている多くの先生方のお陰です。

ありがとうございました♪

                              (2016/11/10 yy)

院内メディカルラリー開催

今年も開催しました院内メディカルラリー♪

各病棟&県内の病院から、午前の部・午後の部に分けて、総計20チームが参加してくれました。(下の写真は午後の部の講義。午前の部を合わせると参加者は写真の倍!)

1チーム医師1名+看護師3名で、院内急変や災害など、多くの事態に立ち向かいます。

休日に、日常業務も忙しい中、この参加者数!

もちろん出題者側も本気の問題で迎え撃ちます!

どのチームも大奮闘していました!

総合優勝は福井赤十字病院の精鋭チーム!! 

さすが日赤は熱い!

医療的な緊急事態に対する情熱と、どんな時も的確に行動する冷静さが共存して、素晴らしいチーム力を発揮していました。

福大研修医だけど日赤チームで参戦したM先生も、日頃の勉強が存分に発揮できていましたね!

何回か出題者側として参加していますが、やはりお互いに声掛けができるチームが強いです。

 

緊急事態に限らないですが、医療の現場では、情報を共有し、足りないところを補い合い、同じ目的に向かって行動することが、救命の王道かと思います。

ハロウィンが近かったから!? 

コスプレ大賞も同時開催。

意外と本格的です。

 

ドライアイスまで購入して挑む猛者あり。

 

何故か看護師だけのチームがあったり!?

格好はアレですが、皆さん真剣そのものです。

参加者の皆さん、出題者の皆さん、大変お疲れ様でした!

 

お互い、より良い医療を提供できるよう頑張っていきましょう♪

     (2016.11.3 yy)

Dr.Stein最終講義!!

Stein先生最終来福です!

プロブレムリストからひとつひとつ鑑別疾患を丁寧に挙げていく姿勢は、ついすぐに答えを欲してしまうER医のハマりがちな落とし穴を、穏やかに、しかし力強く教えて下さいます。

 

福井での年二回の教育は、なんと驚くべきことに記念すべき10周年目!

これまでのお礼も含め、一緒に晩ご飯を食べました♪ 

K先生がケーキを買ってきて下さったので、皆でお祝い!

毎年本当にありがとうございました!!

 

福井はレベルの高い居酒屋さんが多いです。満腹~!

       (2016.11.2 yy)

こしょべん@9.27 症例検討会

 パソコンが壊れて更新が遅くなりました…

 9月のこしょべんは特別会!寺澤 秀一先生をお招きし、症例検討会を行いました!!

 

 2年目のM先生に発表していただきつつ、 vital signをどのように読み解くのか、問診を

 どこまで詰めるのか、といった診断学を教えていただき、大変勉強になりました!!

 みんなで学んで、診断学を突き詰めよう!!!

 

                             (2016/10/21  takamy)

こしょべん 10月11日

10月もこしょべんを行いました。

今月はレントゲン読影月間にしました。まずは肘関節のレントゲン読影のイロハをみんなで学びました。

レントゲンだけでは面白くないので、一緒にひじ関節のエコーについても学び、みんなで実習を行いました。

肘関節は重要な関節であるので、見逃すと重大な後遺症をのこしたりいろいろ厄介です。しかし、医学生時代にレントゲン独絵に関して学ぶことは少なく、いつ整形外科を呼ぶのか?明日でいいのか?固定はどうするのか?などいろいろありますので、みんなで勉強会を行いました。

次回は肩関節編です。

整形疾患をコンプリートできるように頑張ろう!

                          2016.10.11  Kobuta 

ジャーラルクラブ10月開催

今月もジャーナルクラブを行いました。

今月のテーマは「輸液」

小児の輸液はどうするのか?なぜ1号液からスタートするのか?

外傷の時にはどうするのか?輸血のタイミングはいつなのか?どれぐらい輸液するのか輸血するのか?

敗血症の時にはどうするのか?輸液は何をどんだけいれればいいのか?

など日ごろあまり疑問に思わず、慣習的に行っていた初期輸液に関して文献による学術的考察を踏まえてたくさんまとめてくれました。

台風にもかからわず、多くの先生が集まってくれました。

来月のテーマはなんでしょね?

楽しみです                         2016.10.5 Kobuta

Canadaへ行ってきました!

Clinical Pediatrics, Family and 

Emergency Medicine Conference
みんなで参加しました。
演題をなんとなく応募したらなんと全員通りました!

9月15日~17日までカナダ、バンクーバーにて小児科・家庭医・救急医のための合同カンファレンスがありました。林先生と仲良しのDr.Goldman主催の会です。今回が6回目だそうで、前回は多くの日本人が参加したそうです。

今年は林先生が、Radiation Emergency Medicineの特別講演を行うべくゲストスピーカーとして呼ばれていましたので、みんなで一緒に言ったら楽しいと思い一生懸命演題を考え応募したしたところ全員通りました。

僕らは、頑張って英語でスライドを作って、原稿も作って練習してでしたが、林先生の講演は英語であっても会場は大爆笑!!

林先生のユーモアは万国共通のようです。

現地で頑張っている川野先生にも会ってきました。元気そうでなによりです。

バンクーバーへは日本から直行便がでており、9時間で着きます!

街もコンパクトで治安も良く過ごしやすい街だと感じました。

来年も誰か行く?

 

興味のあるかたは

http://clinicalpeds.com/

を検索してみてね♪

                          (kobuta & Takamy with Hiro)

すごくきれいな街、食事もおいしく、自然もいっぱい

カナダといえば、「Tim Hortons」これを食べなきゃカナダに来た感じがしない??

今年もやりました福井PTLS2016

今年もこの時期がやってきました。

福井PTLS2016.

言わずとしれた外傷の初期対応トレーニングコースです。

受講料は格安!理由はインストラクターがみんなボランティアだからです。

外傷の初期対応は、ERで働く初期研修医は必ず乗り越えないといけない壁です。うまく動けなくて何度悔しい思いをしたことか・・・

お作法的なところも多々ありますが、まずはお作法から覚えることが重要です。

林先生の面白くためになる怒涛のスライドショーを見聞きしながら、実習メインの一日コースです。最後は非常に疲れましたが、研修医のみんなは元気いっぱいでした。

ガンバレ!今日から1人でも多くの人を救おう!

                            2016.9.10 kobuta